陰部の臭いが強くなる病気

性器は臭いがあって当然の部位です。

 

性器付近にある陰毛は臭いの発生源であるアポクリン腺や皮脂腺が密着しているのと、常に下着で覆われている部位なので、臭いも強くなりやすいのです。

 

しかし、性器が急に臭いが強くなった時は病気の可能性も考えられます。

 

ここでは性器の臭いが強くなった時に気をつけたい病気についてご紹介します。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎はおりものの増加によって臭いがきつくなり、黄色や黄緑色のおりものが泡状になって出てくるのが特徴です。

 

性行為で感染する場合が多いです。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は免疫力の低下やホルモンバランスの乱れによってカンジダ菌が繁殖することが原因です。

 

症状として激しい痒みやおりものの増加により強い臭いを発します。

 

おりものがヨーグルトのようにポツポツとなるのが特徴で、白や黄緑色のものが見られるようになります。

 

カンジダはもともと女性の膣内に存在する菌なので誰でも発症する可能性があります。

クラミジア

クラミジアはおりものが緑色になり下腹部の痛みがあるのが特徴です。

 

おりものの増加で臭いを強くし発症します。

細菌性膣炎

細菌性膣炎は膣内の環境が悪化することで発症します。

 

おりものが悪臭を放ち、かゆみを発します。灰色のサラサラとしたおりものが特徴です。

 

免疫力の低下や洗いすぎによって引き起こしやすいです。

 

細菌性膣炎は他の病気を引き起こしやすくするので早期に治療する必要があり、強い臭いを感じたら病院に行くことをおススメします。

性病検査の種類と方法

性病の検査の種類には「血液検査」「尿検査」「おりもの検査」「のど粘膜検査」などが挙げられます。

 

性病によって受ける検査が異なります。まず「血液検査」ですが、血液を少量採取して血液中の成分を検査します。

 

性病の検査の中で最もよく行われている方法で、HIV、クラミジア、梅毒、性器ヘルペス、B型肝炎、C型肝炎を判別できます。

 

「おりもの検査」は女性を対象にした性病の検査で行われます。

 

膣内にめんぼうのようなものを数センチ入れて、内側の粘膜部分を軽く擦って分泌物を採取します。

 

このおりもの検査ではクラミジアや淋病、膣炎、ガンジダ、トリコモナスを判別できます。

 

「のど粘膜検査」は性病は喉に感染している可能性もあるので、喉に感染していないかを検査します。

 

カルポーターと呼ばれる綿棒のようなもので喉を軽く擦って粘膜を採取します。

 

のど粘膜検査ではクラミジアや淋病を判別できます。

 

こうした性病検査ができる場所は病院や保健所、検査キットで行うことができます。

 

病院は産婦人科、小児科、皮膚科などで検査が可能です。

 

もし性病に感染していることが確認できた場合そのまま治療を受けることができるので、自分が性病にかかっている可能性が高い場合は病院で診察を受けたほうが良いでしょう。

 

また、全国の保健所で性病検査を行ってくれます。基本的に検査料は無料で自分の名前を告げることなく受けられます。

 

ただし保健所で行われる性病の検査はHIVの検査が中心で全ての性病を網羅しているわけではありません。

 

検査キットは最近主流になっている方法で、自分で血液や粘膜の一部を採取して、検査機関に送ることで性病感染の検査を行ってくれ、結果が通知されます。

 

軽く検査をしたい場合や誰にも知られずに検査をしたい場合に使われることが多いです。
このようなことから、性病検査にはさまざま種類や方法があり、性病によっても検査内容が異なることが分かります。

病気以外のもの

病気以外で陰部の臭いが強くなるものとしてすそわきがが挙げられます。

 

すそわきがはネギのような臭い、酸っぱい臭い、納豆のような臭い、鉛筆の芯のような臭いを強く感じるのが特徴です。

 

イビサソープはすそわきが臭の原因となる雑菌を殺菌する働きもあるので、すそわきがの臭いに悩んでいる方は普通のボディーソープではなく、すそわきがをケアできるボディーソープを使うようにしてくださいね。

 

また性器から普段感じたことの無いような臭いを感じる場合は病気の可能性もふまえて、おちものに身に覚えのある変化がある場合は病院の受診をおススメします。

 

 

TOPページ:イビサソープの口コミと効果を検証した結果はこちら>>