妊娠中に陰部の臭いが強くなる原因は?

女性なら誰でもデリケートな部分の陰部は多少臭いがあるのは普通ですが、妊娠してからヤケに陰部の臭いが強くなった…と不安になっていませんか?

 

この時期体調のは特に気を使いたい時期なので、陰部の臭いが急に強くなると赤ちゃんに何かあった?デリケートゾーンの性病になった!?と不安になってしまいますよね。

 

ここでは妊娠中に陰部の臭いが強くなってしまう原因についてご説明します。

妊娠中の体の変化

妊娠中はホルモンのバランスの乱れから臭いがでることが多く、妊娠初期は臭いは少な目ですが、妊娠後期になると陰部からすっぱい臭いがでてきますが、これは母体を守るためです。

 

ある程度臭うのはそこまで心配する必要はないので、妊娠中でも安心して使える体臭ケアができるボディーソープで入浴中にケアするようにしてくださいね。

 

ただ、あまりにも臭いが強烈、夫や子供にも臭いを指摘されるようになった、という場合は病気も視野に入れましょう。

 

妊娠中は抵抗力が弱くなるため感染症にかかりやすくなったりするので、注意が必要な時期です。

 

今までとおりものが違っていたり、かゆみがあったり、いつもと違う症状がでたら病気の可能性があります。

 

子宮頸がんや子宮内膜症など女性ならではの特有の病気、淋病やクラミジアなどの性感染病は臭いが強いことが特徴にあげられます。

 

陰部の臭いが原因の病気には、子宮頸がん、子宮内膜症、淋病、細菌性膣炎、トロコモナス、カンジタ膣炎、クラミジアなどがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんで、生理以外の不正出血や、血便、頻尿、体のだるさがあり、おりものに悪臭がでます。

淋病

淋病は性感染で起こり、おりものに強い臭いを感じます。

トリコモナス

トリコモナスは微生物の一種に感染することで症状が現れ、おりものに悪臭があり、膣や蔭部に強いかゆみやおりものが増えてきます。

カンジタ膣炎

カンジタ膣炎の特徴は、おりものが白くとうふのようにぽろぽろとしたかすのようになったり、チーズのように状態になったりします。

 

陰部が異常にかゆくなり、おりものが生くさい魚の臭いがします。

クラミジア

クラミジアは性感染症で無症状のことが多く、女性はおりものが増えたり、下腹部に痛みを感じることがあります。

 

おりものが緑色になり、強い臭いを発生するのが特徴的です。

陰部の臭いが強くなる病気で詳細をチェックしてください!

子宮に炎症が起きると赤ちゃんにも悪影響なので、普段と違う、これはおかしい!と思ったらすぐにいつも妊婦検診を受けている病院で診察を受けてくださいね。

 

臭いが気になる時に刺激が強い洗剤を使用すると逆効果でさらに臭いが強くなってしまうこともあるので、安心して使用できるデリケートゾーン専用のボディーソープを使って正しい洗い方で洗うようにしてくださいね。

 

 

TOPページ:イビサソープの口コミと効果を検証した結果はこちら>>