すそわきが臭が市販の石鹸で落ちない理由

洋服の隙間から漂う自分の臭い、彼とのスキンシップの時間に指摘されたすそわきが臭。

 

自分のすそわきが臭に気づくポイントは人それぞれですが、すそわきが臭が漂っていた場合は可能な限りケアしなければいけませんよね。

 

すそわきが臭をケアするために、家にある石鹸やボディーソープで一生懸命ケアする方は多いと思います。

 

ですが、一生懸命洗っても日中に臭いが収まらないといった経験はありませんか?

 

一生懸命洗っているのに臭いがしてきてしまうのはなぜでしょうか?また臭いがしないようにするためにはどうすればよいでしょうか?

石鹸やボディーソープで臭いが消えない理由

すそわきがのケアをする時、一番簡単な方法は入浴中に石鹸やボディーソープを使ってしっかりと洗うこと。

 

すそわきがの原因であるアポクリン汗腺は陰毛部分に分布しているので、陰毛部分をしっかりと洗えば、入浴中のケアは完璧です。

 

ですが、時間が経過するとどうでしょうか?

 

石鹸でできるのは陰毛部分の洗浄のみ。洗浄成分で陰毛や体の表面に付着した臭いの原因菌を落とす事しかできません。

 

また、市販の石鹸でデリケートゾーンを洗えば、デリケートゾーンの部分に必要な善玉菌も洗い落としてしまいます。必要な善玉菌がいなくなったデリケートゾーンは、汗や皮脂を分解して悪臭を発生させる悪玉菌が増殖し、より臭いを強くさせます。

 

陰毛部分や肛門部分が一時的にすっきりしますが、アポクリン汗腺から出てくる汗をコントロールすることはできないので、寝ている間に汗をかけばそれでもうすそわきが臭がしてきてしまいます。

 

朝になれば下着を交換しなければいけないことがしょっちゅうですよね。いつまでもこんなことを繰り返すのは大変です。

すそわきがを抑える入浴中のケア

すそわきがを入浴中にケアしたいと思ったら、抑臭・消臭効果があるソープで洗う方法がベストです。

 

すそわきが臭の原因はコリネバクテリウム菌です。コリネバクテリウム菌の繁殖を抑える効果がある成分を含んでいるソープであれば、使用後雑菌の繁殖を防ぎ、臭いの拡散を抑えることができます。

 

イビサソープには、デオドラントクリームに配合されているイソプロメチルフェノールが配合されています。

 

イソプロメチルフェノールはワキガ臭の原因となる「コリネバクテリウム菌」に有効な殺菌成分です。

 

細菌やカビの増殖を抑え、臭いの原因菌の増殖を抑えます。したがってイビサソープはスソワキガで悩んでいる人にも有効です。

 

その他にも不必要な汚れを落として必要な善玉菌は残してくれるのもイビサソープの魅力です。

 

デリケートゾーン専用ソープなので、刺激も少なく無添加なのでデリケートゾーンに刺激を与えることはありません。

 

すそわきが臭を消そうと思い一生懸命になればなるほど、臭いが強くなる傾向があるので正しいケアですそわきが臭を抑えてくださいね。