イビサソープは妊娠中でも使える?

イビサソープ 妊娠中

妊娠をしてからアソコの臭いが強烈になった!と感じる妊婦さんは少なくありません。

 

これは妊娠中のオリモノの量アポクリン汗腺が関係しています。

 

妊娠中は膣の清浄を守るためにオリモノの量が増えます。日中はオリモノ用のナプキンを使用しないと下着が濡れてしまうほどです。

 

そのためどうしても陰部が普段よりも蒸れやすく、こまめに交換をしないと雑菌が増えやすくなります。

 

ですが妊娠中といえど仕事をしていればとこまめにナプキンを交換するのは難しい時がありますよね。

 

そのせいでどうしても妊娠中は臭いが強くなりがちです。

 

また妊娠するとアポクリン汗腺の働きが活発化し、アポクリン汗腺から出る汗(たんぱく質、尿素)が多くなります。

 

アポクリン汗腺はスソワキガ臭の原因となる汗を分泌している腺です。この汗腺が活発化すると雑菌の餌が増えることになり、雑菌が大量の老廃物を排出する結果、臭いが強くなります。

 

これらの要因が折り重なって、妊娠中はそうでない時と比べて臭いが増してしまいやすいのです。

 

そのためどうしても日中にアソコの臭いが強くなるようになります。またオリモノが増えることで不快感も感じるように。

 

ではアソコの不快感を取り去ってくれるイビサソープは妊娠中の妊婦さんでも使用できるのでしょうか?

イビサソープは妊娠中でも使える?

イビサソープ 妊娠中

イビサソープが妊娠中でも使用できるか調査したところ、公式サイトで妊娠中は担当の医師に相談してから使用してくださいと注意書きされていました。

 

だし、この時期は皮膚がデリケートになっている時期です。イビサソープは無添加なので敏感肌や赤ちゃんでも使えるほど肌に優しいですが、やはりデリケートな部位に使用するので一度相談してからのほうがより安全性が増します。

イビサソープの安全性

イビサソープは医薬部外品のソープで安全性を考慮したソープ。市販で販売されているボディーソープとは違い界面活性剤などの刺激となる成分は配合されていません。

 

合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、界面活性剤等が無添加で赤ちゃんでも使用できるほどの安全性が高いです。

 

イソプロメチルフェノールが細菌やカビを殺菌し、グリチルリチン酸が肌の炎症や肌荒れを抑制します。

 

その他ジャムウ成分やビタミンが配合されアソコを優しく洗浄して清浄環境を保ちます。

 

妊娠中にアソコの臭いが強くなって、どうにか解消したい!といった妊婦さんは市販の刺激性が強いボディーソープではなく、イビサソープでデリケートゾーンを洗ってケアしてくださいね。

イビサソープは妊娠中の黒ずみにも!

妊娠中はホルモンバランス(黄体ホルモン)の影響でメラニンが蓄積されやすく、体のいたる部分に黒ずみができやすくなります。

 

実際に私も妊娠してからふとアソコがドス黒くなっている事に鏡を見て気づきました。

 

想像以上の黒さにショックを受け、出産後旦那さんに黒くなったな…と思われるのがすごく嫌だな…と思いました。

 

妊娠中の乳首の黒ずみは赤ちゃんが乳首を見つけて吸いつくようにするためといった意味もありますが、アソコの黒さは特別妊娠中に必要はありませんよね…。

 

可能ならばアソコの臭いと共に取り去りたいものです。実はイビサソープを洗ってデリケートゾーンをケアするとアソコの黒ずみが綺麗になる効果も期待できます。

 

というのもイビサソープにはビタミンC誘導体を含む成分が含まれています。使用し続けることで美白成分が行き渡り黒ずみをケアできます。

 

出産したあとは体の黒ずみが気にならない体になっていたいですよね。妊娠中にデリケートゾーンの臭いや黒ずみに悩んだ妊婦さんにはイビサソープはオススメです。

 

 

★イビサソープ★31%OFF

↓↓公式サイトはこちら↓↓

 

TOPページ:イビサソープの口コミと効果を検証した結果はこちら>>