おりものが臭い原因

おりもの 臭い

女性なら一度は悩んだことがある「おりもの」の存在。

 

おりものは体の健康を表しているバロメーターで、女性ホルモンのバランスよにってもその形状や臭いが異なってきます。

 

おりものに関しては、同性同士でもしっかりと話すことってないですよね。

 

なので自分おりものの状態や臭いが正常なのか、異常なのかは自分で判断しなければいけません。

 

そこで、ここでは女性が悩みとして抱えやすいおりものの臭いや気をつけべきサインをご紹介します。

おりものの働き

そもそもなぜ女性にはおりものがあるのでしょうか。

 

これは膣を雑菌から守る働きをしていたり、老廃物を体外に排出、さらに排卵時に精子が子宮内に入って受精しやすくする潤滑油としての役割を果たしています。

おりものが臭い原因は?

おりものは多少なりとも臭いがあるのが普通です。どんな女性にもある程度の臭いがします。

 

普段は排卵が近づくにつれてエストロゲンの働きでおりものは無臭に近づきますが、排卵が終わった後はプロゲステロンの働きによって膣内が酸性に傾くため、すっぱい臭いが増します。

 

この時、特に下着が蒸れて雑菌が繁殖しやすい状態の場合はさらに雑菌や老廃物の臭いが混ざるためさらに臭いが強烈になります。

 

また体調が優れていない時も膣の自浄作用が下がり、臭いが増す傾向があります。

おりものが臭い時の対処法

性病ではないのにおりものの臭いが外に漏れ出すほど強い場合、陰部が不衛生な状態になっている可能性が高いです。

 

普段臭いをケアするために一生懸命ゴシゴシとボディーソープや石鹸で洗う行為が逆に臭いを防ぐ善玉菌までも洗い流したり、陰部のバリア機能を崩壊させより臭いを増強させてしまっている可能性があります。

 

雑菌や老廃物はしっかりと洗い落とし、だけど陰部環境を正常に保つための菌は残すボディーソープ、洗い方を実践することで健康的な臭いに収まります。

気をつけるべきおりものの種類

他の人に指摘されるほどおりものが臭い、色が黄緑がかっている、カッテーチチーズのようにポロポロした状態で下着についているといった場合は性病の可能性もあります。

 

性病の場合、陰部の臭いが強くなるだけではなく下腹部痛を伴うこともあるのでこれらのおりものの変化が見られた時は婦人科を受診して適切な処置を受けましょう。

 

TOPページ:イビサソープの口コミと効果を検証した結果はこちら>>